薬事法対策について

通販戦略において薬事法対策は必須です。

健康食品通販メーカー様にとっては死活問題ともいえる薬事法対策。近年では表現に関する解釈も厳しさを増すなかで、健康増進法、景品表示法にも縛られて、どのように「お客様に伝えたいこと」を表現すればいいのか、頭を悩ませているメーカー様も多いのではないでしょうか。

広告を出稿する際、最も気をつけなければならないのが、薬事法に関連する表現です。最近では、薬事法の改正に伴い、これまで表現できたものが表現できなくなったといケースも少なくありません。薬事法を正しく理解していないと、広告審査で承認されず、広告が開始できない、ということにもなりかねません。

広告を制作するには、薬事法について熟知している人が必須です。弊社では、媒体の薬事担当者と日々やり取りを交わしていく中で培われた知識をもとに、法令順守の上で、「伝えたいメッセージ」を明確に訴える表現を開発し、ご提案します。

「伝えたいメッセージ」を伝えるためには。

広告で商品を表現する場合、薬事法以外にも気をつけなければならないさまざまなガイドラインがあります。例えば、テレビを媒体とする広告においては、放送局ごとにそれぞれ独自のガイドラインがあり、民放連による放送基準や「健康増進法」などの各種法令に抵触していないかを確認しています。他にも「特定商取引法」や「食品衛生法」などの法律から、媒体ごとの規定まで、さまざまな考査基準があります。

弊社では、長年各放送局の考査担当者と日々打ち合わせを行う中で培われた「ガイドラインを準拠した広告表現のノウハウ」を活用し、商品の魅力を伝える最適な広告表現を開発し、提案しています。