今年も新商品が続々と発売されている健康食品。広告には「〇〇配合」「〇〇な時に!」な ど、様々な言葉が並んでいます。では、かぜ薬などの「医薬品」の広告と、何か違うのでしょうか? 薬か食品か、さらにどんな食品かによって掲載のルールは変わってきます。広告を制作する際には、ジャンルをしっかりと把握しておくことが大切です。今回はまず、全体の分類を見ていきましょう。

薬と食品はこのように分かれている。

医薬品

医薬品は、病気の診断・治療・予防を目的としています。
大きく3種類に分かれます。

  1. 医療用医薬品…購入に処方箋が必要です。一般的な広告には登場しません。
  2. 要指導医薬品…医療用から一般用に移行したばかりの薬です。薬局で薬剤師との対面販売で購入できます。
  3. 一般用医薬品…薬局やインターネットで購入できます。(一部は薬剤師の確認が必要)。
    リスクによって第1類、第2類、第3類に分かれています。
    [商品例]かぜ薬、胃腸薬など

指定医薬部外品

医薬品に比べ、人の体に対する作用が穏やかで、比較的安全性が高いと判断されたものです。効果・効能の認められた有効成分が含まれています。
[商品例]滋養強壮ドリンクなど

食品

医薬品と指定医薬部外品以外はすべて「食品」として括られます。大きく3種類に分かれます。

  1. 特別用途食品…特定の対象者(妊産婦、えん下困難者、病者など)のために用途を表示している食品です。
    [商品例]乳児用粉ミルクなど
  2. 保健機能食品…機能が表示できる食品です。「特定保健用食品(トクホ)」、「栄養機能食品」、「機能性表示食品」の3種類があります。
    [商品例]トクホ飲料、ビタミンCカプセルなど。
  3. 一般食品…上記以外の食品です。「健康食品」「栄養補助食品」「サプリメント」などの名称を使う場合があります。これらについて、法律上の定義は特にありません。
    [商品例]コラーゲン入りゼリー、エナジードリンクなど

まとめ

  • 医薬品と医薬部外品以外は「食品」に分類される。
  • 「健康食品」は、法律上の定義づけはない。

意外にも「健康食品」という言葉に定義づけはありません。ですが、本来はバランスの良い“食事”によって健康を維持することが理想なので、健康食品は生活習慣に気軽に取り入れやすい点がメリットとも言えます。

広告においては、これらの分類を把握しておくと訴求ポイントの整理がしやすくなります。次回は、ここから「効能・効果」や「機能」が表示できるもの・できないものを、訴求例とともにお届けします。