アフィリエイトの歴史

最近では身近になりましたが「アフィリエイト(成果報酬)」という言葉や運用が日本でいつごろから普及したかご存知でしょうか?

1996年にアメリカのアマゾンドットコムが始まりだと言われており、その後日本では1999年にValue Commerce(バリューコマース)がプログラムを開始したとされています。今ではA8net(ファンコミュニケーションズ)などが有名ですが、2000年~2005年に現在の大手ASPと呼ばれる各社が設立されていき、2005年以降にインターネットの普及で新規のアフィリエイトサービスが急激に増加していきます。

2010年にはリスティングやPPCなどの運用型広告の拡大によりアフィリエイト市場も縮小傾向になりましたが、アフィリエイトの手法も増えWEB広告の柱となっています。

ワンタグシステムについて

そもそも「タグ」とは、英語の「tag(ふだ・荷札・目印)」を意味しています。主にインターネット広告では計測に使われています。
ではワンタグとは・・言葉としては「1つのタグ」という意味ですが、インターネット広告では「タグマネージメントツール」をワンタグと表現されることもあります。

最近のWEBサービスでは「タグでの計測」が主流となっております。広告配信のシステムは数多く存在し、それらを使用すると複数のタグを管理しなくてはなりません。
(※広告配信システム5社を使用した場合、5種類のタグを管理)

ワンタグのイメージ
アフィリエイトでのワンタグが効率が良いとされる理由

今まで運用担当者は、複数の画面の管理やタグの設置・削除作業などを行い、不具合や間違った計測が生じたケースもあると思います。このワンタグシステムは1つの管理画面で主力ASP約20社が一元管理できてしまいます。
今までのアフィリエイトによる作業効率が飛躍的に改善されます!

ワンタグのメリット
ASPごとのタグ設置が不要
ASP同士の成果の重複が除ける
複数のASPの成果が画面一つに集約
媒体のリクルーティング交渉代行
ASPが増えても工数は増えません

アフィリエイトの運用

広告においては、世間一般的に直販が一番安く購入できるイメージが付いており、代理店だとマージンがある分費用が掛かると思われがちです。ですが、アフィリエイトですので成果報酬金額は同じです。いかに獲得件数を増やせるかがポイントだと考えます。

各企業様の運用状況を確認させていただくと、運用担当者が業務を抱え過ぎて拡大できていない、最近のトレンドの手法で運用できていないなど、獲得件数を伸ばせていないことをよく聞くようになりました。実は目に見えない部分が一番成果に影響してるのです。

まとめ

下記のお悩みがある企業担当者は、このワンタグシステムを導入してみてはいかがでしょうか。

  • 現在ASP 1社のみの運用で、伸び悩んでいる!
  • アフィリエイトを拡大したいが、工数がかかるので今の体制で出来ていない!
  • 任せている会社(代理店・ASP)の運用が適正かわからない!

ぜひ一度、第一エージェンシーまでご相談ください。