「インフォマーシャル」ということばをご存知でしょうか。たとえ、聞いたことがなくても見たことはきっとあるはず。そう、インフォマーシャルとはいわゆる通販CMのことです。Information(インフォメーション)にCommercial(コマーシャル)をくっつけた造語、それがインフォマーシャルです。

インフォマーシャルの尺は60秒から29分までさまざま

インフォマーシャルの尺について

さて、ひとくちにインフォマーシャルといっても形はさまざま。まずは、尺(CMの長さ)を見てみましょう。一般的なCMは15秒や30秒です。それに対して、インフォマーシャルは短いもので60秒から、長いものは29分まであります。短いものは短尺と呼ばれ60秒・120秒・180秒・5分、長いものは長尺と呼ばれこちらは29分が該当します。29分のCMが存在するなんて驚きですよね。この尺は商品やターゲットにしたい層に向けて、放送プランとともに考えていくことになります。一般的には、短尺ほど沢山オンエアできるので接触率が高まり、認知されやすく、また衝動的な購入へつなげることに向いています。逆に長尺はじっくり商品について説明できるため訴求力が高まり、商品について理解した上での購入に結び付きやすいといわれています。

29分インフォマーシャルのはじまり

インフォマーシャルはアメリカ生まれ。日本では、通販王国といわれる九州で主に成長してきました。通販が激化する福岡で、訪問販売を主な販路とする会社からテレビ広告を打ちたいとの相談があったのです。しかし、そこの会社が売っていたのは1個15,000円もする石鹸。今でも十分高いお値段です。まず従来の15秒や30秒で売れないと考えましたが、石鹸はとても素晴らしい商品でした。そこで、商品の魅力を余すところなく伝えるべく29分CMを作ることになったのです。当時は29分の単独CMなど存在しなかった時代。なかなか放映許可が下りないなか、とあるローカル局が放映してくれることに。結果は大成功で、これにより日本全国に29分CMという概念が広まったといわれています。

インフォマーシャルの表現例

インフォマーシャルは、イメージを伝えるCMと違い、冒頭で述べたようにインフォメーション(情報)中心に構成されます。例としては下記のような表現が代表例といえるでしょう。

1.実績

「累計1,000万本うれた!」「3秒に1本売れている!」
といった商品自体の実績を謳うものです。

2.権威

第三者が商品特性を述べるものもあれば、
第三者機関が認めたものを並べる方法もあります。
例:モンドセレクション金賞受賞、楽天ランキング1位など

3.街頭リアクション

該当インタビューで実際に試してもらい驚く姿や、
年齢ギャップに驚く人たちなどがそれらに該当します。

4.愛用者

実際に愛用している人に、
商品のよさを様々な表現を用いて語ってもらいます。

5.体験者

実際に商品を試してもらい、
リアルな反応を視聴者に見せられることが利点です。

しかし、同じような表現が続けば視聴者からは「ああ、また通販か」と捉えかねられません。だからこそ、日々飽きさせないようクリエイティブに磨きをかけていく必要があるのです。

情報が正確であれば何を伝えてもいいの?

インフォマーシャルでは、その商品の特徴を何でも伝えていいというわけではありません。特に、健康食品や化粧品においては、薬機法(旧薬事法)が順守されているかというところが問題となります。薬機法 (旧薬事法) は、医薬品・医薬部外品・化粧品及び医療機器に関する運用などを定めた法律です。この法律は、健康食品や化粧品と医薬品の違いを明らかにすることで、消費者が誤解するような効能効果の表示や広告をすることがないように規制する役割を果たしています。そのほかにも、健康増進法や景品表示法などに違反していないかなど、局による厳しい審査を受けます。

どんな商品でもインフォマーシャルで売れるの?

世の中にはさまざまな商品があります。上に述べたような健康食品や化粧品に限らず、いまや車や家さえも通販で売る時代です。どんな商品でもインフォマーシャルで売ることはできるのでしょうか?答えはイエスです。しかし、まずは商品に対する正しい理解と、狙うべきターゲット層をはっきりさせることが大切です。その上で、響くクリエイティブ、尺の選定、放送プランと正しくステップを踏めばどんな商品でもインフォマーシャルで売ることができるといえます。これは、長年培った経験のなせる技ともいえるでしょう。


↓↓↓  情報バラエティで売れる!!新しいインフォマ 詳しくはこちら  ↓↓↓

【最新の記事はこちら】