昨今、良く耳にする「4K」「8K」というキーワード。画質なキレイなテレビ放送ということは何となくわかっているけれども、、、という人も多いのではないでしょうか。
今回は、昨年2018年12月1日より放送がすでに開始されている「新4K8K衛星放送」について説明していきたいと思います。

新4K8K衛星放送の基礎知識

簡単に言うと超高精細な映像で見ることのできるテレビ放送です。
数字的にわかりやすく言うと、現在の2K(フルハイビジョン)の画素数と比べて、4Kは4倍の画素数、8Kは16倍の画素数※1となっており、画素数が大きくなると大画面で見ても画素の粗さが気ならず緻密な映像になっています。
また、明るいシーンから暗いシーンまでより豊かな映像表現が可能※2となっており、色域も広がっていることから、なめらかで色彩鮮やかな高画質の映像を楽しむことができます。

※1 2K約200万画素、4K約800万画素、8K約3,300万画素
※2 HDR(ハイダナミックレンジ)対応

視聴可能機器の出荷台数は2019年7月末時点で150万1000台※3となっており、来年の東京2020オリンピック・パラリンピックでは、多くの競技が4K8Kで中継されるとのことで、視聴可能機器が普及していくことが期待されています。

※3 一般社団法人放送サービス高度化推進協会より

新4K8K衛星放送の視聴方法とチャンネル

視聴するためには4K8Kに対応したテレビ・チューナー・受信アンテナが必要となります。※ケーブルテレビ・光回線経由で視聴することも可能。

現在4K8Kチャンネルは「右旋」と「左旋」と呼ばれる2つの電波帯域があり、右旋チャンネルは従来のBSアンテナで視聴でき、左旋チャンネルは4K8K対応アンテナが必要になります。※「右旋」「左旋」ともに4K8Kテレビとチューナーは必要になります。

右旋チャンネル
NHK4K、BS日テレ、BS-TBS、BS朝日、BSテレ東、BSフジ
※BS日テレは2019年9月より放送開始

左旋チャンネル
NHK8K、ザ・シネマ、ショップチャンネル、QVC、J-SPORTS、日本映画代劇、STARチャンネル、スカチャン、WOWOW(2020年12月開始予定)

≪キー系列BS民放の4K放送番組例≫

BS朝日
高校野球、世界水泳アーティスティックスイミング、土井善晴の美食探訪等
BS-TBS
報道1930、吉田類の酒場放浪記、伊勢神宮奉納花火大会等
BSテレ東
ドラマ「W県警の悲劇」、釣りバカ日誌、プロ野球等
BSフジ
プライムニュース、ドラマ「平成物語」、映画等
BS日テレ
ラグビーワールドカップ、深層ニュース、プロ野球等

各局とも看板番組やスポーツコンテンツにて4K制作番組を放送しており、今後4Kで制作した独自番組も増えていくと思われます。

CM出稿について

4K放送でのCM出稿に関しては、通常のBS放送(2K)とは別チャンネルであり、4K放送独自タイムテーブルで編成されており、2Kとは別発注という位置づけになっています。

ただし、現在はまだ2KのBS放送をサイマル放送が中心で、2K放送のCMを局側で素材をアップコンバートして、4Kチャンネルで流していることが多いです。

また、4K放送素材に関して注意しなくてはいけないのが、2K画質の放送素材を4K放送で使用する場合、現在は局でアップコンバートしてくれるので使用可能ですが、4K画質で作られた放送素材は、もちろん4K放送で使用できますが、2K放送でも使用する場合はダウンコンバートする必要があり、調整によっては見え方に影響が出るために、局側では行わず、広告代理店・クライアント側で別途2K画質の放送素材を用意する必要があります。

まとめ

・4K8Kは超高精細画質で、2Kの4倍!16倍!の画質
・東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて視聴可能世帯数が増えていく
・現在は2Kのサイマル放送が多いが、今後は4K制作番組が増えていく

CMやインフォマーシャルも、2Kと4Kでそれぞれ放送素材を用意することがスタンダードになる日も近いかもしれません。今後の新4K8K衛星放送の市場動向について、注目してみてはいかがでしょうか。